低用量ピル、アフターピル、どちらが自分に合っているのかを知る事から始めましょう。。

ピルについて

薬をよく調べる

大まかに分けるとピルの種類は毎日服用する低用量ピルと、緊急時に服用するアフターピルがあります。
未だによくないイメージを持つ方も少なくない「ピル」ですが、低用量ピルの場合、目的は避妊だけではありません。勿論避妊目的で服用する方も多いでしょうが、性生活が無くてもピルを服用している方も大勢います。

  • 月経痛(生理痛)を和らげる
  • 月経(生理)不順の改善
  • 月経前症候群(PMS)を和らげる
  • 子宮内膜症の予防
  • 経血量減少の貧血を改善
  • にきび、多毛を改善
  • 卵巣がんの予防

簡単に挙げてみただけでもこれだけたくさんメリットがあります。ピル=妊娠したくない人が服用する物というイメージは払拭できたでしょうか。
他にもアフターピルという種類がありますが、こちらは緊急避妊という目的で服用し望まない妊娠を避けてくれます。

ピルの種類

ピルの種類

毎日服用する低用量ピルには、月経痛(生理痛)を和らげ、月経(生理)不順を改善し、にきび、多毛を改善したり、避妊以外の効果もありますが、避妊だけの目的で使う方も少なくはありません。
避妊目的で使う場合、その避妊率は99%にもなります。コンドームの避妊率が80~85%前後と言われているので、毎日服用するだけで効果を得られる便利な薬です。
低用量ピルの効果を最大に発揮するなら、毎日同じ時間に服用しなければいけません。最初は難しそうだけれど、慣れれば習慣化できます。
そして、緊急時に服用するアフターピル。こちらはコンドームが外れた・破れた、犯罪に巻き込まれた時など避妊失敗、避妊ができる状況じゃなかった場合、性交渉の後24時間以内なら95%の確率で妊娠成立を避けてくれる薬。薬によっては3日~5日以内なら85%の確率で避妊が可能な物も登場しています。

ピルの使い分け

考える女性

ピルには大まかに分けて2種類あり、毎日コツコツと避妊薬を飲む必要がある低用量ピルと、緊急時の避妊薬として服用するアフターピルがあります。
どちらもコンドームより高い避妊率を誇る薬ですが、服用する方によって用途は異なります。99%の確率で避妊を望む人もいれば、性交渉はたまにだからアフターピルでいいという人もいます。
いつでも避妊可能な状態でありたい、月経痛(生理痛)が辛い、生理不順で予定も組めない、月経量が多いなど、月経に関わるトラブルで悩んでいる方は低用量ピルが良いでしょう。
ただし、低用量ピルは毎日決まった時間に服用するのがルールです。このルールが守れなければ、効果にばらつきが出てしまい、思うようにコントロールできなくなります。
性交渉はたまに、コンドームがメインの避妊方法、犯罪に巻き込まれた、いざという時のお守りが欲しい!という方は、アフターピルを持ち歩いたり自宅に保管するようです。いざという時のお守りがあると、何かあった時に慌てて病院に駆け込まずに済みます。

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルには、毎日コツコツ服用するのが条件になっています。毎日同じ時間なんて面倒くさい。続けられる気がしないなど、服用前から億劫に思ってしまうかもしれません。
毎日同じ時間にはしっかりとした意味があります。低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンが含まれています。
2つの女性ホルモンは、排卵を促す為の大事なホルモンです。この2つのホルモンのお陰で、脳の視床下部から排卵を促す指令が出なくなります。
妊娠する為には卵子を子宮へ送り込む排卵が必要になりますが、毎日低用量ピルを同じ時間に服用する事で、体の中では2つの女性ホルモンが満たされた状態を保つので、排卵をしなくなります。
今後妊娠したい方にとっては、排卵しない=赤ちゃんが産めないと思ってしまうかもしれませんが、ご安心下さい。低用量ピルの服用をストップすれば、短期間で排卵は今までどおりに行われます。卵巣や卵にも悪影響は無いので、安心して使い続けられます。

アフターピル

女性の腹部

妊娠に必要な段階は、排卵→受精→受精卵が着床し、子宮内膜が生まれてくる赤ちゃんのふかふかのお布団の様になります。
毎月の月経(生理)では、赤ちゃんを育てる予定の子宮から子宮内膜が剥がれ落ちたのが月経(生理)時の出血です。月経(生理)が起きた=妊娠は成立しない事になります。
アフターピルは緊急の方法として、排卵を抑制または遅らせて受精を妨ぎます。子宮に受精卵が着床しないように阻害する薬です。妊娠を回避するための緊急避妊薬なので、妊娠中、すでに受精卵が子宮に着床した後は、効果はありません。
避妊に失敗して病院に行った場合、処方されるのがこのアフターピル、緊急避妊薬です。いきなり中絶するわけではありませんので、アフターピルを服用して、妊娠を回避する必要があります。
膣外射精、正しくコンドームを着用できなかった、性交渉後に膣内を洗った。この方法では、正しく避妊はできていません。避妊について知識がないとうっかりやってしまいがちな避妊方法。そんな時にアフターピルがあればお守りのように役目を果たしてくれます。

ピルの避妊率

卵子に群がる精子

低用量ピルの避妊率は99%です。100%といっても過言ではない効果です。出産経験があれば出来る避妊手術とは異なり、出産未経験でも出来る手軽で楽な避妊方法なので、正しく服用を行えば、確実に避妊が可能です。

この正しく服用が大事なのです。低用量ピルを正しく服用していた場合、妊娠が発覚したケースは5年以上も0件という数字を誇る病院もあるほどです。

低用量ピルには、排卵を起こさない効果、子宮内膜の増殖を押さえて赤ちゃんのお布団を作らない効果、精子が子宮に入らないように粘液を変化させる効果があります。

低用量ピルでも妊娠を阻止できなかった場合があります。理由は正しく服用できていないから。低用量ピルは生理日初日に服用するのがルールです。生理が始まって24時間以内に服用していなければ、正しい服用にはなりません。

出血かおりものか判別できない茶褐色の場合も、服用期間を間違える要因になるので、普段から基礎体温をつけておくと判断が付きやすくなります。

低用量ピルにもアフターピルにも共通する失敗ですが、服用から4時間以内に薬ごと嘔吐したり、腸管で吸収できずに下痢を起こしたり、下剤を飲んだり、ピルの作用を低下させる薬を飲み合わせた事で、避妊失敗してしまう事もあります。

コンドームの避妊率

コンドーム

コンドームの避妊率は一般的には85%と言われていますが、その数字は絶対ではありません。人によって装着方法が異なるので、正しく着用している人も居れば、よく分からないで付けて失敗率を上げている人も居るからです。
コンドームを装着するのは男性のデリケートな部分です。デリケートな問題なので、男性側もなかなか人に聞けない内容です。
装着の仕方を思春期の頃に友人同士で体験する人も居れば、大人になってからネットや商品の説明で見てふわふわした知識のまま装着している人も居ます。
だからこそでる避妊率のばらつきです。中には射精の瞬間、膣の中にいなければセーフと思っている人が本気でいるので、その男性の言葉を信じた女性たちの中には望まない妊娠をした方もいるようです。
よく聞くのが膣外射精をすれば大丈夫という避妊法、知識の無い人ほどこの方法を押したがるので困ったもので、今まで妊娠にまで至らなかったのは運が良かったとしか言えません。
コンドームは挿入前からしっかり装着していれば、性感染症も防げて避妊も出来ます。コンドームを使うなら、正しい知識で正しく使う。
望まぬ妊娠をしてしまうのは女性です。いざという時の為に、信頼できるのは自分だけ。アフターピルや低用量ピルの様に、自力で避妊できる方法を身に付けましょう。

妊娠の仕組み

指を掴む子供の手

女性の体の中には、母親のお腹の中にいるときから卵巣の中には、未成熟な卵が沢山あり、生まれる前で既に500~700万個を盛っています。それらは年齢とともに減少していきます。
女性の月経(生理)に合わせて排卵は起こります。月に1度、卵巣から成長しきった一番大きな卵子が飛び出してきて子宮に向かいます。それが排卵です。
排卵後の卵子の寿命は24時間です。排卵した卵子が子宮に繋がる管、卵管に入り、精子を待ち続けます。受精可能な時間内に精子と出会わず、受精が起こらなければ、妊娠が成立しなかったとみなします。
受精卵の布団となるべく厚みを増した子宮内膜が、次の排卵に備える為に子宮内膜を剥がして月経(生理)が始まります。排卵は月経(生理)が始まる14日前に起こりますが、卵子の寿命が短いからと油断は出来ません。
精子は子宮の中で最長1週間も生き続けます。元気に泳ぎ回っている精子が卵子に出会ってしまえば受精し、妊娠は成立します。

低用量ピルの仕組み

低用量ピル

低用量ピルは、28錠で1サイクル分の薬です。1シート21錠のみの低用量ピルもあります。28錠のシートと21錠のシート、効果に違いはありません。主な違いは飲み忘れないために28日分服用するか、飲み忘れない自信があるから21日分飲むかの違いです。

21日間の服用の場合
生理の初日に毎日1錠、同じ時間に服用して21日分を服用します。3週間(21日)分を服用したら、22日目からは休止期間として1週間(7日分)薬はお休みします。休んでいる間に出血が起こりますが、この時の出血は無排卵月経といい、排卵を行いません。
28日間の服用の場合
生理の初日に毎日1錠、同じ時間に服用して21日分を服用します。3週間(21日)分を服用したら、22日目から1週間(7日分)、偽薬を飲みます。偽薬は薬の効果は特に何もありません。飲み忘れをなくし、服用する服用を忘れない為に飲み続けるための薬です。

偽薬を服用する間は、21日間の服用と同じように出血が起こりますが、この時の出血は無排卵月経といい排卵を行いません。

低用量ピルが向いているのは

女性の悩み

多くの女性が悩みの種とするPMSや月経痛は、月に1度どころか、生理前~生理中も含めれば、半月も苦しみながら過ごす人も少なくありません。
女性ホルモンの急激な変化によって起こるPMSですが、イライラしたり小さな事で怒りっぽくなったり、生理痛の不快な痛みも気持ち悪さも軽減してくれるのが低用量ピルです。
生理時の経血量を減らして貧血を抑えたり、生理不順が改善して思い通りにコントロールする事もできます。旅行やイベント参加、プールや海、温泉、お泊りに行きたいと予定を立てても生理が来て計画が台無し・・・なんて事ももうありません。
自分が予定を組みたい日に生理がこないように調整できるので、自分の思い通りのスケジュールが組み立てられます。生理が来る日が分かるので、その日からは無理をしないように予定を組みなおす事もできます。
女性が女性らしさを失わずに、自分の理想通りのスケジュールが組みたい、自分自身で確実に避妊をしたい女性に向いている薬です。

低用量ピルのメリット・デメリット

GOOD.BAD

メリット
  • 避妊確率99%
  • 生理不順の改善
  • PMS、生理痛が軽減される
  • 経血量を抑えて貧血を改善させる
  • 生理が来る日をコントロールできる
  • ニキビ、肌荒れの解消
  • 子宮内膜症の予防、改善

自分の生活を自分だけでコントロールしたい、生理に振り回されたくない女性には低用量ピルは人気です。デメリットもありますが、避妊率の確実性であるメリットの高さが魅力的です。

デメリット
  • 乳房の張りがでる可能性がある
  • 稀に血栓症が起こる場合がある
  • コンドームを使わなくなり、性感染症にかかった
  • 飲みはじめの1~2ヵ月、慣れるまで吐き気や頭痛が起こる
  • 35歳以上のヘビースモーカーには向かない
  • 血糖値の高い人、高血圧の人には向かない
  • コレステロール、中性脂肪の高い人には向かない
  • 乳がん、子宮頸がんの可能性がある人には向かない
  • 肝臓、腎臓、心臓が弱っている人、疾患のある人には向かない

薬なので、使う以上はデメリットもあります。主に副作用が起こるのは、不規則だった生理が規則的に訪れるように女性ホルモンをコントロールする事による作用なので、慣れれば落ち着いてきます。

低用量ピルを病院処方で貰う

考える女性

低用量ピルを病院で処方してもらう場合、事前に問診、診察が行われます。女性特有の病気、子宮がんの検診、超音波検査、血液検査、血栓症のリスク、コレステロール、貧血などの検査、血圧の測定などが行われ、リスクがないと判断されれば処方できます。
ピルの処方は保険適用外です。自由診療になりますので、ご注意ください。
病院によっては、診察日や検査、処方薬の価格にばらつきが出てくるので、病院で処方を受ける場合は、予めいくらぐらいかかるのかを確認し、予定より少し多めに持ち合わせていくのが良いでしょう。

  • 初回の診察料が1,500円~2,000円
  • 検査が6,000円~7,000円
  • 低用量ピルは1ヵ月分で2,500円~

初回の費用の目安は、1万円~1万5千円程持参していけば、困らないでしょう。保険適用外だと全額自己負担なので、どうしても高くついてしまいます。検査も含めると、病院の混み具合にもよりますが、半日~1日はかかると見込んだ方が良いかもしれません。
時間もお金もそんなに余裕が無いという方は、通販で購入するという方法も残されています。安くてまとめて購入でき、病院まで足を運ばなくても自宅まで届けてくれる便利さが、多くの女性に人気です。

低用量ピルを通販で購入する

ネットショッピング

通販で購入する場合の低用量ピルは、28日分が最安900円で購入できます。診察や薬局まで取りに行く必要もなく、自宅まで荷物を届けてくれるのも魅力の1つ。
薬といっても外箱からは何が入ってるのか全く分からない仕様(ただの箱)になっているので、周囲に低用量ピルを通販で購入している事も知られません。
配送されてくる荷物には商品の名前も記載されず、クレジットカード払いやパソコン、スマホ、タブレット、どの端末からでもインターネットに繋がっていれば、24時間何処にいても注文が可能です。海外から商品が届くので、期間は5日間~7日間が商品到着の目安になります。
注文してから届くまでちょっと時間はかかりますが、その分、病院の様に時間をとられたり初期費用が高くついたりする事もないので、手軽に始められるのが通販で購入するメリットです。

低用量ピルのまとめ

活動的な女性

低用量ピルは独身の方だけでなく、既婚者にも使い勝手の良い薬です。確実性の高い避妊、PMSの軽減、経血量の軽減、生理周期の安定、美容、スケジュールの調整などが可能です。
先進国になるほど低用量ピルやアフターピルの服用率は高くなります。しかし、これだけのメリットを持ち合わせていながら、日本国内でのピルの服用率は5%もないのです。
医療レベルの高いドイツでは普及率が60%越えし、彼女の為にアフターピルを購入するから仕事に遅れるという報告もすんなり通るほど浸透しています。日本ではまずあり得ません。
日本の主な避妊法はコンドームです。コンドームは性感染症の予防にはいいアイテムですが、正しい着用を行っても避妊率は80%台、99%になる事はありません。男性主導になるコンドームでは、結局装着するかしないかは男性の気分次第。
コンドームを付けてくれない相手の為に、四苦八苦しながら行為に望んでも疲れるし、相手にも良い感情は湧きません。様々なメリットをもたらし、女性が自分の意思で避妊できるピルは、自らの身を守る為のお守りです。

アフターピルの仕組み

薬を服用する女性

アフターピルは24時間以内の服用で95%の避妊率を誇ります。排卵を抑制し、子宮内膜の成熟を早める事で、強制的に生理を起こし、子宮内膜に受精卵が着床するのを防ぎます。
避妊のなかった性行為を行うと、精子が卵子と出会い受精した受精卵を受け止めてベッドになる為に子宮内膜が厚くなります。妊娠が成立してしまうとアフターピルの効果はなくなります。
妊娠の可能性がある性行為から24時間以内にアフターピルを服用する必要があります。アフターピルは服用が早ければ早いほど避妊効果も高くなります。
アフターピルの種類の中には3日以内で90%台、5日以内で80%台の避妊率を誇る薬もあります。アフターピルを必要とする場面は、パートナーとの性行為だけとは限りません。
犯罪に巻き込まれたせいで、病院にも行き難い、でも妊娠が怖いといった事にもすぐに自分で対応できるので、女性が自分の身を守る為に、お守りとして持っていたいのがアフターピルです。

アフターピルが向いているのは

考え事をしている女性

基本的な避妊方法がコンドーム、薬はあまり服用したくない、毎日同じ時間に低用量ピルを服用するのが苦手といった方に使われています。避妊率は低用量ピルが99%なのに対し、アフターピルは24時間以内で95%の避妊率を誇ります。
向き不向きの問題というよりも、女性ならば最低1つは持ち歩いていた方がいい薬です。緊急避妊を行いたくて急いで病院に向かっても、妊娠していない限り処方されるのは緊急避妊薬、アフターピルです。
診察を受けて処方されるのを待つ間、病院内で不安な気持ちのまま待たなくてはなりません。病院に行っても同じ薬が処方されるのであれば、先に万が一の時用に自分で用意しておく方が安心できます。
2回服用タイプと1回服用するタイプがあります。2回目はうっかり飲み忘れたというのが少なくは無い為、1回の服用で済ませられると気持ちも落ち着きます。中絶は怖い、背徳感を感じる、緊急避妊にお金をかけたくない方には、向いている薬です

アフターピルのメリット・デメリット

メリット・デメリット

普段から低用量ピルを決まった時間に毎日服用して予防できている方ならともかく、避妊方法が男性主導のコンドームであれば、避妊に失敗する確率は少なくありません。
犯罪に巻き込まれた場合は別ですが、避妊に失敗した場合、アフターピルの費用は自費負担なので保険適用は出来ません。お金は節約したいけど、不安な気持ちは無くなって欲しい。
仕事や大事な用を休んでまで病院に行けないという時にも、その時に手元に置いておくと、いざという時に慌てなくても済むのもメリットの1つです。
デメリットは服用期限がある事。24時間以内、72時間以内など、服用時間が限られている為、うっかり飲み忘れたり日にちが経過してしますと妊娠率が高くなってしまいます。
アフターピルは事前に病院で貰っておく事はできません。事前に手に入れて置く為には通販が便利な方法です。安く購入できて処方箋もいらないので自宅に届くのを待つだけです。

アフターピルを病院処方で貰う

病院の待合室

アフターピルは24時間以内の服用で95%の避妊率を誇ります。排卵を抑制し、子宮内膜の成熟を早める事で、強制的に生理を起こし、子宮内膜に受精卵が着床するのを防ぎます。
避妊のなかった性行為を行うと、精子が卵子と出会い受精した受精卵を受け止めてベッドになる為に子宮内膜が厚くなります。妊娠が成立してしまうとアフターピルの効果はなくなります。
妊娠の可能性がある性行為から24時間以内にアフターピルを服用する必要があります。アフターピルは服用が早ければ早いほど避妊効果も高くなります。
アフターピルの種類の中には3日以内で90%台、5日以内で80%台の避妊率を誇る薬もあります。アフターピルを必要とする場面は、パートナーとの性行為だけとは限りません。
犯罪に巻き込まれたせいで、病院にも行き難い、でも妊娠が怖いといった事にもすぐに自分で対応できるので、女性が自分の身を守る為に、お守りとして持っていたいのがアフターピルです。

アフターピルを通販で購入する

PCで買い物中

スマホ、パソコン、タブレットなど、インターネットに繋がる端末があれば24時間いつでも注文ができるので、自分の都合の良い時間に注文ができます。自分の欲しい個数をカートに入れてレジへ進み、クレジットカードや銀行払いで購入手続きができます。
通販での購入は、受診記録に残りません。何を買ったのかも外側の箱からは分からない作りになっています。注文した後は自宅に届くのを待つだけです。商品によっては郵便局留めも出来るので、周囲に通販を利用している事も知られずに購入する事ができます。
1つ注意点があります。アフターピルを通販で購入する場合、商品は海外から発送されます。その為、国内の通販に慣れている人ほど到着が遅いと感じてしまいがちです。
早くて5日、通常は1週間~10日前後が商品到着の目安になります。注文してすぐ到着するわけではないので、国内通販に慣れている人ほど勘違いしてしまわないように気をつけましょう。

アフターピルのまとめ

まとめの説明

アフターピルは病院でも処方してもらえ、通販でも購入できる緊急避妊薬です。緊急というだけあって、事前に病院で購入する事はできません。通販では事前にストック分を購入しておく事ができますが、到着までに1週間~10日程の時間を要します。
発送の時は登録したメールアドレス宛に追跡番号を載せるので、商品がどの辺りにいるのか利用中の端末から確認することが出来ます。
病院で処方してもらう場合は、保険適用外のため診察費や処方薬の金額は自費負担になります。その為費用は高くついてしまいますが、保険に記録は残りません。
周囲に内緒で入手したい場合は、通販がオススメです。自宅配送や郵便局留めだけでなく、無記名梱包で商品を届けてくれるので何を購入したのか、配達員にも分かりません。
緊急避妊薬は、いざという時に女性を守るお守りのような薬です。特定の相手との間に起きた避妊失敗も、犯罪に巻き込まれた場合にもバッグや自宅に常備しておく事で、自分を助けてくれる薬になります。

↑TOPページへ戻る