低用量ピルの高い避妊率は、正しい服用で毎日コツコツ続ける事で発揮されます。

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルは28日というサイクルで生理をコントロールでき、正しい使い方をする事で99%の避妊率を発揮します。

生理痛や貧血の軽減を行い、ニキビや肌荒れも改善し、妊娠したい時は服用中止するだけで翌月、翌々月から妊娠準備に入れます。ピル服用時の月経は、自然に起こる物と区別して消退月経や消退出血と呼びます。

マーベロン

マーベロン

マーベロンには21錠入りで1シートのマーベロン21と、28錠入りで1シートのマーベロン28があります。基本的にはどちらも同じ仕組みで服用する事には変わりません。

マーベロン21は、21錠では21日間服用し、7日間休薬(薬を飲まない)期間を設けています。7日間休薬の間に消退月経が起こります。
7日間の休薬の後は、次のシートを21日間服用します。そして21日間服用したら7日間の休薬を行う。これを28日サイクルで続けていきます。

マーベロン28は、休薬期間を設けないで28日間服用を続けるピルです。
消退月経が起こる7日間も服用しますが、この7日間に服用するマーベロンには有効成分は含まれていない偽薬になります。偽薬を飲む理由は飲み癖をつける事、飲み忘れを無くす目的があります。

マーベロン21もマーベロン28も薬の成分は変わりません。偽薬を混ぜて28日間服用するか、21日間だけ飲むかの違いです。
飲み忘れない自信がある場合はマーベロン21、忘れるかもと心配な場合はマーベロン28を選ぶといいでしょう。

マーベロンの効果

マーベロン21.28

マーベロンを飲み始める場合は、生理の初日からシートの1錠目を服用します。服用初日から避妊効果が得られます。
初日に服用が間に合わなかった場合は、服用開始7日目頃から避妊の効果が期待できます。休薬期間中、偽薬服用期間中は消退月経や出血が起こらない事があります。

服用を開始したばかりの頃は出血量が少なかったり、出血が起こらない事もあります。休薬期間、偽薬期間が終わってら、28日のサイクル通り服用を続けましょう。

飲み忘れに気付いても、24時間以内ならば気付いた時間に服用をしましょう。翌日からはいつもの時間に服用します。
24時間を過ぎてしまった場合は避妊効果が期待できない為、いったんピルの服用を中断し、次の月経開始を待ちましょう。次の月経開始から服用する事で避妊効果は初日から期待できるようになります。
飲み忘れや飲み間違いによる失敗率は8%になってしまいます。正しく服用する事でメリットも保てるので、飲み忘れには気をつけましょう。

マーベロンの副作用

頭を抑える女性

主な副作用は頭痛、不快な気分、吐き気、嘔吐、乳房痛、乳房障害、不正子宮出血等が確認されています。服用者の2割が副作用を感じる事があります。
マーベロンを初めて服用し始めた時、薬が体に慣れずに消化器系の副作用を数日間感じる事があります。
不規則に訪れていた生理やホルモンバランスを整える役割を持っているので、慣れるまで副作用を感じる可能性があります。2~3シート程で落ち着いてきます。

体が慣れてしまえば副作用も落ち着いてくるので、激しい副作用でなければ少し様子見してみましょう。我慢できない痛みや違和感があれば、医師に相談しましょう。
重大な副作用に血栓症が確認されていますが、血栓症の発生率は0.1%未満。発生する可能性が低いでしょう。

突然手足に痺れや痛み、むくみ、力が入らない、麻痺、視力の低下や激しい頭痛、胸痛、息切れなどが起こった場合は血栓症の可能性があるので、医師の診断を受けましょう。

マーベロンの服用方法

1杯のお水

初めて飲み始める場合は生理の1日目に1錠目を服用します。初日から避妊の効果が得られるようになります。
毎日同じ時間に服用する事でホルモン値を安定させるので、アラーム等でセットして飲み忘れをなくしましょう。

マーベロンには1錠ずつ番号がふられているので、1日目は「1」と書かれた番号から開始します。1.2.3.4.5と番号順に服用する事で、飲み忘れをなくしていきます。基本的には28日間のサイクルと服用時間を守れば、飲み忘れはなくなります。

マーベロン21を服用の際は、2シート目からは休薬期間の7日が開けたら2シート目を飲み始めますが、休薬期間の間に消退月経が来なくて出血が起こらなかったとしても、順番通りに飲み続けます。

マーベロン28の場合、偽薬を服用している7日間に消退月経、出血が起こりますが、1シート目の28錠を飲みきっている間に消退月経、出血が起こらなくても2シート目を開始します。

1つ注意点があります。テトラサイクリン系とペニシリン系の抗生物質はマーベロンの吸収を抑え、効果を低下させる為、避妊率が下がり、不正出血がおきやすくなります。飲みあわせには十分注意しましょう。

マーベロンのメリット・デメリット

GOOD or BAD

メリット
  • 21日間と28日間の服用期間が選べる
  • マーベロン21で休薬できる
  • マーベロン28で飲み忘れを無くす
  • 99%の避妊ができる
  • PMSが軽減できる
  • 生理時のイライラ、気持ちが安定する
  • 生理痛が和らぐ
  • 貧血が改善する
  • 生理のサイクルを安定させる
  • 生理のサイクルを自分でコントロールできる
  • 美容面に期待できる
デメリット
  • 飲み忘れの可能性がある
  • 服用時間を守らないと効果がない
  • 飲み忘れると、次の生理を待たないといけない
  • 乳房の張りや不正出血の可能性
  • 血栓症のリスクが0.1%ある
  • 胃腸系の副作用が1~3ヵ月続く可能性

トリキュラー

トリキュラー

トリキュラーは女性のホルモンバランスが徐々に変化する様な仕組みになっている為、28日間の間に3段階に渡って変化をつけています。子宮内膜が安定しやすいので不正出血も起こりにくいという特徴があります。
その分、3段階という変化を付けて女性ホルモンを安定させていくため、1~21日分、1~28日分の薬を飲み間違いに気をつけなければいけません。
徐々に女性ホルモンを安定させていくトリキュラーのメリットを十分に生かす為にも、数字がふられた番号順を必ず守って服用しましょう。

トリキュラーの効果

トリキュラーシート

トリキュラーを飲み始める場合は、生理の初日からシートの1錠目を服用します。服用初日から避妊効果が得られます。初日に服用が間に合わなかった場合は、服用開始7日目頃からでも避妊の効果が期待できます。
休薬期間中、偽薬服用期間中は消退月経や出血が起こらない事があります。服用を開始したばかりの頃は出血量が少なかったり、出血が起こらない事もあります。休薬期間、偽薬期間が終わってら、28日のサイクル通り服用を続けましょう。

飲み忘れに気付いても、24時間以内ならば気付いた時間に服用をしましょう。翌日からはいつもの時間に服用します。
24時間を過ぎてしまった場合は避妊効果が期待できない為、いったんピルの服用を中断し、次の月経開始を待ちましょう。次の月経開始から服用する事で避妊効果は初日から期待できるようになります。
飲み忘れや飲み間違いによる失敗率は9%になってしまいます。正しく服用を行わなければメリットが発揮できないので、飲み忘れには気をつけましょう。

トリキュラーの副作用

口元を押さえる

主な副作用は頭痛、不快な気分、吐き気、嘔吐、乳房痛、乳房障害、不正子宮出血等が確認されています。服用者の1割~5割が副作用を感じる事があります。

トリキュラーを初めて服用し始めた時、薬が体に慣れずに消化器系の副作用を数日間感じる事があります。
不規則に訪れていた生理やホルモンバランスを整える役割を持っているので、慣れるまで副作用を感じる可能性があります。2~3シート程で落ち着いてきます。
体が慣れてしまえば副作用も落ち着いてくるので、激しい副作用でなければ少し様子見してみましょう。我慢できない痛みや違和感があれば、医師に相談しましょう。

重大な副作用に血栓症が確認されていますが、血栓症の発生率は0.1%未満。発生する可能性は低いでしょう。
突然手足に痺れや痛み、むくみ、力が入らない、麻痺、視力の低下や激しい頭痛、胸痛、息切れなどが起こった場合は血栓症の可能性があるので、医師の診断を受けましょう。

トリキュラーの服用方法

コップ一杯の水

初めて飲み始める場合は生理の1日目に1錠目を服用します。これで初日から避妊効果が得られます。毎日同じ時間に服用してホルモン値を安定させるので、飲み忘れをなくしましょう。

トリキュラーには1錠ずつ番号がふられているので、1日目は「1」と書かれた番号から開始します。「2」は2日目、「3」は3日目と番号順に服用する事で、飲み忘れをなくしていきます。

28日間のサイクルと服用時間を守る事で、飲み忘れはなくなります。

トリキュラー21を服用時は、休薬期間の7日が開けたら2シート目を飲み始めます。休薬期間の間に消退月経が来なくて出血が起こらなくても、順番通りに飲み続けます。

トリキュラー28服用時は偽薬を服用している7日間に消退月経、出血が起こります。1シート目の28錠を飲みきっている間に消退月経、出血が起こらなくても2シート目を開始します。

飲み合わせについて。ペニシリン系とテトラサイクリン系の抗生物質はトリキュラーの吸収を抑え、効果を低下させる為、避妊率が下がり、不正出血がおきやすくなります。飲みあわせには十分注意しましょう。

三環系抗うつ剤、ステロイド等の他にも飲み合わせが悪い薬があるので、服用中の薬があれば、併用可能か医師に確認しましょう。

トリキュラーのメリット・デメリット

GOOD or BAD

メリット
  • 21日間と28日間の服用期間が選べる
  • トリキュラー21で休薬できる
  • トリキュラー28で飲み忘れを無くす
  • 99%の避妊ができる
  • PMSが軽減できる
  • 生理時のイライラ、気持ちが安定する
  • 生理痛が和らぐ
  • 貧血が改善する
  • 生理のサイクルを安定させる
  • 生理のサイクルを自分でコントロールできる
  • 美容面に期待できる
  • 3段階で徐々に女性ホルモンを安定させる
デメリット
  • 飲み忘れの可能性がある
  • 服用時間を守らないと効果がない
  • 順番通りに飲まないと、効果が最大限に発揮できない
  • 飲み忘れると、次の生理を待たないといけない
  • 乳房の張りや不正出血が起こる可能性もある
  • 血栓症のリスクが0.1%ある
  • 胃腸系の副作用が1~3ヵ月続く可能性がある

ダイアン35

ダイアン35

ダイアン35は、小柄なアジア人向けに開発・発売された低用量ピルです。小柄な日本人向けの薬と言えますが、避妊薬としてより、ニキビの改善薬という理由で使われる方が多いのです。

女性ホルモンの分泌を促す成分が多く含まれているため、避妊や美容以外の用途で使われる事もあります。性同一障害で悩む男性の女性化を望んで使われる事もあります。

女性が使う場合も、更に女性らしくしたいと胸のサイズを大きくしたり、多毛症で悩む女性の治療目的で使用される事もあります。女性らしくありたいと願う方の様々な悩みに特化している薬ですが、使用できる条件もあります。

ダイアン35の効果

ダイアン35

ダイアン35は、避妊の効果も期待できる低用量ピルです。原理は他の低用量ピルと同じで、排卵が起こらないよう女性ホルモンをコントロールし、毎月消退出血という生理を起こします。排卵の起こらない前提なので、妊娠する確率を下げてくれます。
避妊効果は正しい服用を行えば99%の確率で、避妊効果を発揮してくれます。寝不足や食事の影響、ストレスで乱れがちだった女性ホルモンをコントロールしてくれるので、生理痛、出血量、PMSも軽減してくれます。

生理周期も安定して起こるようになる為、生理日のコントロールも自分のスケジュールに合わせて行えるようになります。使い始めの1~3ヵ月は生理がこない方もいますが、そのまま継続しても心配はありません。

ダイアン35には、ニキビと多毛症に改善も期待できます。ニキビと多毛症は、男性ホルモンのアンドロゲンが多くなる事が原因の為、アンドロゲンが増えるのを防いでくれます。
ニキビの改善に顔を何度も洗いすぎるのは、乾燥を招いて更に脂性肌に近づけてしまうので、気をつけましょう。

ダイアン35の副作用

体調不良の女性

肝臓の機能が低下している方や肝機能障害を持つ場合は、長期間の服用によりガンのリスクが高まってしまうので、注意が必要です。

35歳以上で、タバコを1日15本以上喫煙する方は、血栓症のリスクが高まってしまうので、タバコを1日何本も喫煙する方は、クリニック等で低用量ピルを服用しても問題ないか事前に検査を行いましょう。
35歳以下で喫煙した事がなければ、血栓症を引き起こすリスクはかなり低くなります。自身が喫煙していなくても、受動喫煙が多い方は、念の為クリニックで事前に検査を行った方が良いでしょう

ダイアン35の主な副作用は頭痛、吐き気、胸の張り・痛み、不正出血です。ピルを吐いてしまうと効果がなくなってしまう為、水分は小まめにとり吐き気を起こさないよう気をつけましょう。
同じ姿勢で座り続けていると、肩こり→頭痛を起こす原因にもなる為、適当に歩いたりストレッチを行いましょう。

1シート目を服用中は出血が10日程続き、出血量も多く感じます。低用量ピルは出血量を減らして子宮内膜症等のリスクを軽減する為に使われる事もありますが、体調が悪くなる、続けられそうにない等でなければ2~3シート目まで様子を見ずに中断しましょう。

ダイアン35の服用方法

お水を注ぐ

避妊の効果を確実に上げるなら、毎日同じ時間に服用する必要があります。生理開始の1日目に1日1回、1錠を服用します。21日間の服用を続けたら、7日間の休薬期間を設けます。
7日間の休薬期間の間に、消退月経という排卵の起こらなかった生理が訪れます。7日間の休薬期間が開けたら、2つ目のシートを使います。28日間のサイクルを元に服用と休薬期間を設けて繰り返します。

毎日同じ時間に服用して女性ホルモンを一定値に保つ必要があるので、忘れないように気をつけましょう。1日分飲み忘れてしまった場合は、使いかけのシートは処分します。次の生理1日目から、新しいシートで服用開始します。
12時間~24時間以内なら効力は失われていないと考えられる為、服用が遅れてしまったら気づいた時に服用しましょう。翌日の服用はいつもと同じ時間に服用します。
吐き気が出る場合もあるので、なるべく水分はいつもよりこまめにとるようにしましょう。

ダイアン35のメリット・デメリット

GOOD or BAD

メリット
  • 避妊効果99%
  • 美容面、特にニキビに効果的
  • 多毛症の治療に使える
  • バストアップに期待ができる
  • 生理痛の軽減
  • PMSの軽減
  • 出血量の改善
  • 生理周期のコントロールができる
  • 性同一性障害、男性の女性化に用いられる
デメリット
  • 休薬期間開けは服用忘れが多い
  • 消化器系の副作用が1~3ヵ月続く場合もある
  • 35歳以上、1日15本以上の喫煙は血栓症のリスク高い
  • 肝機能低下の場合、長期服用でガンのリスクが高い

使用できる方の制限はありますが、その分使用できる用途やメリット多くなっています。男性から女性になりたい場合の期待もできます。低用量ピルの服用のメリット・デメリットを天秤にかけて、何に重きを置くかで使用するかしないかを決めましょう。

↑TOPページへ戻る